みさおばさんの有閑日記

ぐうたらひきこもり専業主婦が、週3日パートに出始め、悪戦苦闘しながらも続けようと頑張っています。たまには、日帰り温泉にも行きたいな。
一応なんちゃってクリスチャンなので、聖書のみことばも併せて紹介させてくださいね。

みさおばさんは昨年から坐骨神経痛で病院通いして薬を処方してもらってます
一番やっかいなのはやはり最初に違和感を持った右足の裏の痛みです
靴を厚底にするなどして工夫はしているものの長い時間を歩いていると痛みが襲ってきてなかなか大変です
だから朝の出勤も早めに家を出るなどして時間を余裕を持ってゆっくり歩いています
ところでこの坐骨神経痛は腰だったり股関節たったりとあちこちに痛みがやってくるのですが

IMG_7704

東鳴子温泉「なんぶ屋」さんに滞在中も股関節が痛くてどうして温泉に入ってるのに?
と思いましたが、家に帰ってきたらすっかり痛みから解放されておりました

IMG_7705

写真は1日目の夕食です
この他にも後からお料理を頂きまして
ほんの一部でごめんなさい
コシアブラの炊き込みご飯はもう食べきれずご遠慮申し上げたところ
おにぎりにして部屋まで届けていただきましてありがとうございました

IMG_7707

朝ごはんはいつものお餅です
揚げ餅が珍しくて美味しかったです
もちろんコーヒーもご馳走になりましたよ
コロナ禍でお宿の営業スタイルも様変わりしてましたが
やはりなんぶ屋さんは暖かい雰囲気とお湯♨️良し料理よしでお値段もリーズナブルです
前に友達に紹介した事がありましたが大層喜ばれましたからね

IMG_7710

二日目の夕食です
前夜とは異なるメニューにして頂きお手間をかけさせました
ありがとうございました
みさおばさんが期待していた山菜料理もご馳走なり満足満足です

IMG_7711

そうそう勿論お料理はこの他にも追加で運ばれましたよ
写真がなくてごめんなさい
本当に食べ切れないくらいなんです
安い方のプランでお願いしたにも関わらずです
サービス精神旺盛ななんぶ屋さんです
この日はうなぎご飯でしたが、それもおにぎりにして頂きました

IMG_7717

朝ごはんです
やはりお餅も運ばれました
この日はくるみ餅でした

IMG_7718

夫がご飯をおかわりしてお餅に手を付けなかったらスタッフさんが家に持ち帰れるようにうつわと輪ゴム、ビニール袋を持って来てくれたんですよ
おかげでその日の夜にはおにぎりもあって大変助かりました

なんぶ屋さんは里山が近く部屋で過ごしているとウグイスの声が聞こえました
ウグイスの鳴き声で目が覚めるというか
目を覚ますとウグイスの声が聞こえる
って心がとっても癒されました

みさおばさんは年とともに不安症が強くなってきていて苦しんでいます
元々生真面目で些細な事にも気を病む性質はあったかもしれませんが
年々強くなってるようで、火の元確認や戸締まりなどで不安になって家に戻ったり
他にも自分のした事に対して後悔しては勝手に思い悩んでは食欲減退、今後の事も心配になっては下痢をしてしまうんです
ネットで調べたら幸せホルモンのセロトニンが不足しているのかな?
結局は神様に信頼できていない感謝が足りてないという不信仰から来る心の病なのでしょう

こうして夫がまた就職してくれてみさおばさんもパートを頂き温泉で贅沢な湯治が出来て身も心も癒され幸せ気分を味わえた事に心から感謝しなくてはいけませんね

IMG_7719

鳴子温泉駅近くで出会えたワンちゃん
バニラちゃんとカノちゃんです
私たちが駅舎内でビデオを鑑賞している間に夫がこのワンちゃん達をみつけてくれて
帰り道をこのワンちゃん達のいる方へ誘ってくれたんです
娘は愛犬ナナとの別れからペットロスとなり暇さえあればスマホで犬の動画を見ています

そうそう到着した日には、なんぶ屋さんから東多賀の湯さんまで歩いて看板犬ポチに会いに行ったほどです
とにかく鳴子温泉にさえ行けば東多賀の湯さんに立ち寄ってポチと面会してますからね
次回からはポチの他にもバニラちゃんとカノちゃんにも会いに行くのでしょうね
さて今度はいつ行けるでしょうか?
こうして振り返るとホントにホントに感謝な旅でした
神さまありがとうございました



この日をどんなに楽しみにしていたことか
東鳴子温泉「なんぶ屋」さんへ2泊3日の旅
もう2月初めから予約していたのですよ
夫が仕事を再開したので、なかなか休みがないものですからGWには温泉でのんびり過ごしたいと計画した次第です
当初は秋田へと思い旅行雑誌を購入したのですが、現実的に秋田はやっぱり遠いのですよ
そこで大好きな鳴子温泉に行く事にしました
お宿によっては連泊お断りのところもあるのですが、なんぶ屋さんはOKでしたよ

IMG_7712

しっとりした黒湯は炭酸泉でお肌に効果的
なんぶ屋さんの湯はあまり熱く感じません
普段、秋保温泉共同浴場や遠刈田温泉に日帰り入浴に通ってるけどそちらの方がずっと熱めですからね

IMG_7714

GW中は日帰り入浴お断りのなんぶ屋さん
コロナ禍なので密にならないよう感染防止対策を考えてくださり感謝です
おかげでゆったり寛げました
それにしても写真撮れば良かったわね
奥の小さめなお風呂にも今回初めて入ったんだけど、異なる源泉でした
知らなかった‼︎
奥のお風呂は露天風呂はないけど、脱衣所が床暖?
足下が温かくて嬉しいですよね

2日目は台風のような天候に見舞われ残念
車で中山平の方へドライブし
ランチは鳴子温泉駅近くで

IMG_7709

昭和の懐かしい雰囲気があふれるお店でした
なかなか普段お目にかかれませんから嬉しくなりましたよ
椅子もテーブルもいい感じに年季が入っていて

IMG_7708

きのこと山菜のおそばを頂きました
お昼の時間だけ晴れ間が見えて傘いらずで感謝でした
2泊3日の温泉旅はのんびりゆっくり過ごせて日常の慌ただしさから解放されました
そしてお宿に戻ればまた嵐のような強風です
結局、中日は朝ご飯食べて昼寝して
ランチ食べては昼寝しての一日となりまして
どうしてこんなに眠れるの?
と不思議でしたが、おそらく温泉効果なのかな?
温泉が睡眠を通して疲れを癒してくれたのかな?
と勝手に納得しているところです
旅の続きはまた今度


今日からGWの5連休の始まりです
みさおばさんは娘とプヨでランチする約束をしていたので嬉しくて寝てなんかいられません
朝は4時に目が覚め、5時にはすっかり起きてしまいましたよ

それから午前中に大きな地震がありましたガーン
今年は2月に超でかいのが来て3月にもありそして本日は3回目です
でも今回は特に何か倒れたり落下したりしなかったので助かりました

そしてプヨでーす
コロナ禍で飲食店の閉店がどんどん目立ってきています
プヨからは配達をお願いしたり娘はお弁当を買って帰ったりしてますが
プヨにまで閉店されたら一大事ですからね
実に約2年ぶりの訪問となりました

FullSizeRender

みそチゲ定食です
みそチゲでも結構の辛さを味わえます
いつもの安定しないレシピがまた面白くそしてやはり美味しい笑
今回はアサリが入ってましたし
それにしてもやはり客はまばらです
地震が影響しているだけではないでしょう
平日でも満席になるお店なのですから

IMG_7703

ぐつぐつ沸騰した状態で運んでくれるみそチゲです
このぐつぐつは韓国語ではブグルブグルです
ルの発音が日本語とはちょっと異なりますが
面白い表現の擬声語なので一回で覚えちゃいました
それから応援したくて韓国海苔巻のキムパップとヤンニョンチキンと持ち帰りも注文しちゃいました
韓国では雪が降るとビールにヤンニョンチキンを食べるブームがあったとか
夕飯に助かりました完食でしたよ
近所にできたお店のヤンニョンチキンよりずっと美味しいのはさすがプヨさんですね
ヤンニョンとはキムチを漬ける時のあの赤い唐辛子の混じったキムチの素となるものを言います
ヤンニョンチキンは鳥の唐揚げをヤンニョンに浸すのかな?
まぁ甘辛い鳥の唐揚げですね
写真を撮ってアップすれば分かりやすいのに⤵︎
さて
これから暑くなるとこのお店の冷麺がまたたまりません
マスク飲食で感染防止対策してのランチは、まだまだ続きますね
雨続きのGWとなりそうですが、どうぞみなさまお体にきをつけて過ごしましょう

お墓参りがてら念願の追分温泉に姉と娘とで泊まってきましたよ
ここね、冷鉱泉の沸かし湯にも関わらず結構評判が良いんですよね
皆さん料理が良いという印象をお持ちなんですからまたまた胸が高まりますよね(^^)

途中
10年前の震災で多くの児童が犠牲になった旧大川小学校に立ち寄り持参したお花を手向けさせてもらいました
大川小学校は石巻市ではありますが、以前は北上町と言われた場所にあります
追分温泉も旧北上町にある温泉なのです
素通りするわけにはいきません
献花台には全国からと言っても過言ではないと思います
駐車場には他県ナンバーの車が目立ちましたから
それはそれは沢山の色とりどりの綺麗なお花が
供えられてました
やはり
百聞は一見にしかずでした
現地に身を置くと胸が苦しくなり涙が溢れます
すぐそばを大海原に流れ込む北上川の河口がありますがそれはそれは大きくて底も相当深そう
みさおばさんが毎日眺めている広瀬川とは全く違います
もう怖くて足がすくむようです

犠牲になられたお一人お一人とご遺族の思いは、全国の学校等の防災特に津波対策に生かされていると信じて祈ります
ご遺族が悲しみと向き合いながらも語り部をされているそうです
なかなかできる事ではないと頭が下がります

IMG_7606

さて山奥の追分温泉に到着しましたよ
途中の沢沿いに上る小道は、さながらポツンと一軒家の番組を思い出させます
思ったよりもずっと大きな鄙びた木造の建物でした
が、中は外観と打って変わって
木材をふんだんに活用した素敵な作りです
窓枠もサッシではなく懐かしい木枠なのですから今ではなかなかお目にかかれない貴重な空間で過ごさせて頂きました
平成生まれの娘なんかは、アニメの世界に迷い込んだような気分を味わえたのではないでしょうか?

IMG_7612

温泉は沢の向こうの別棟の建物にあり
渡り廊下からはこのような景色が用意されてるんですからもうたまりません╰(*´︶`*)╯♡
お湯は熱いんですが、ぬる湯のジェット風呂もあるので大丈夫ですよ
振り返れば
ここに滞在中はみさおばさんの神経痛が悪さをしなかったんですよね
ここでも温泉の効果を実感致した次第です

IMG_7607

さてさて夕食ですけどね
新鮮な海の幸がこれでもかっというほどです

FullSizeRender

赤身の刺身は鯨でしたよ
以前、女川で冷凍鯨を買って帰りましたが
全然違ってました
柔らかくて食べやすかったです
写真を撮り忘れましたが
刺し身はこれの他にもありましてね蓋を開けてびっくりしましたよ

FullSizeRender

ホイル焼きには牡蠣と帆立でした
娘の仕事柄、牡蠣を避けてましたが今回は皆で美味しく頂きました
写真はありませんが、他にも海鮮料理が並べてあります
勿体ないのですがとても食べきれませんでした
これで1泊2食8000円とは破格の値段ですね

IMG_7611

朝食は秋刀魚の塩焼きでした
梅干しが亡母の手作りと同じ味で懐かしくなりました
追分温泉はかなり遠かったけど、震度5強の地震までおまけ付きの思い出に残る旅となりました
IMG_7613

帰りは姉の希望で野蒜に寄ってランチをして来ました
1年半ぶりに行った野蒜に昔の面影を探すのも楽しいです
新しい道路もできて、それくらい注意深く見ないと気づきにくくなってしまってました

IMG_7614

姉は親戚のお宅にも訪問したかったようですが、このところの仙台の新型コロナウイルス感染者が記録的に増えているので断念したようです
だんだん高齢になってきているので、元気なうちに顔を見せたいのでしょうが
ワクチン接種も世界的に日本は遅れているので
なかなか難しいかもしれません

無事に帰宅できて感謝です
これからはみさおばさんも外出自粛です
どうか県内のコロナウイルスが落ち着いてくれて姉を東松島の親戚の宅に連れて行けたらと思います
どうか皆さまもお元気で(^^)/~~~











このページのトップヘ