私たち女性陣は温泉宿のお食事に特段多くを求めませんのよ
特にみさおばさんの場合は、日帰り入浴でも感謝なんですから
でもねー
酒飲みの夫はあれこれ苦言を呈しますね
それもそのはず
我が家は専ら家でテレビを観ながらの晩酌
たまーの外飲みなら食事に期待してしまうのはもっともだと思います

今回、ここ民宿二宮荘を選んだのは
女将さんの創作料理が自慢のようだったからなんです

IMG_7441


巷では年末年始のGo to停止で温泉宿泊施設にキャンセルが相次いでいるとニュースでやってましたから
逆手をとって予約を入れたのです
空いてるんじゃないかな?と思ったのと
夫が3連休のこの期間じゃないと行けないようだったからです
予想は的中で私たち家族3人の他は宿泊客1名との事でした
それにしても鳴子温泉に温泉民宿があるなんて初めて知りましたよ

IMG_7444

チェックインの頃からもうお料理作りを開始されてたようで、美味しそうな匂いが案内された2階の部屋まで階段を上って漂ってくるではありませんか
もう夕食が待ち遠しくなりますよねー
そしてこれでーす
豪華なカニとエビのグラタン❣️
エビには上に茹で卵が乗っかってましたよ
民宿に来たのに贅沢なご馳走です

IMG_7443

お刺身は、みさおばさんの大好物のホタテが厚みがあって嬉しかった\(^^)/
それからね、こんな事言うと失礼かな?
大根のツマがとても美味しかったのよ
おそらく自家栽培した大根を千切りしてくれたんだと思う
パラパラでシャキシャキに冷えてました
自宅でも出来るのかな?

IMG_7446

カレイの煮付けは味がしっかり染み込んでいたから前日から作ってくれていたのかもしれませんよ
魚の煮付けは翌日が美味しいですからね

IMG_7445

そしてこれね
お正月気分でおせちっぽくしてくださったそうです
この心配りも嬉しかったなぁ
大根のナマスは甘味控えめ
栗きんとんも甘すぎず手作り感あるんですよ
ゴボウのお漬物だって自家製ですって
とってもお料理上手な女将さん
一品一品に心がこもっていて嬉しくなります

IMG_7442

そしてまた撮り忘れたお料理の写真🤳
野菜と豚肉の蒸し物があったのですけど、ごめんなさいね

デザートのシフォンケーキと甘酒の牛乳割りかな?
シフォンケーキは黒豆とクルミも入ってるって
おそらく米粉使ってるのかな?
ずっしりと重めのシフォンとなってます
女将の創作ですわね
シフォンケーキの定義を覆しておられます

FullSizeRender

翌朝でーす
割りかし簡単めです
お手伝いの方はなく女将さんお一人で用意してくださったみたい

IMG_7448

朝からチーズケーキ出ましたーーー
コーヒー☕️は何杯でも飲めるくらいに準備してくださってましたよ
そういえばもう一人の宿泊客の方なんですが
結局お顔を拝見しません

温泉民宿は面白い旅でした
大雪の降る日だったからよく確かめもせずに
辿り着いた入り口
もしやここは勝手口?
と思いきやそこはれっきとした玄関でしたし
Wi-Fiのルーターの場所に連れて行かれた場所は、おじいちゃんがコタツに入ってテレビを見て寛いてる茶の間でしたしね
ああやっぱり民宿なんだ
と思わされました

夫からは特にクレームらしいクレームもなかったからやっぱり料理には満足したようですよ
ただ、殿方の脱衣所にあるストーブ?がかなり小さめでとても寒かったそうですわ
こんどから準備して頂けるとお客様に喜ばれるのではないでしょうかね?
はい、これで鳴子温泉民宿の旅のご紹介はおしまいです
大雪だから、特に観光もせずに帰ってきました
寒い冬はあったかい温泉に浸かりたいですよねー
こんなブログを書いてる先からみさおばさんは、また行きたくなってしまいますもんね

そういえば、鳴子の山奥に風力発電の建設計画があるとか
自然破壊と特に温泉の源泉に影響が及ばなければ良いのですが
せっかく神様が創造された良質の鳴子の温泉を後世にも残してほしいものと祈ります
またねー